田んぼの草刈りを頼まれて

  • 2008/09/23(火) 23:28:00

山間地の休耕田の草刈りを頼まれました。
 聞くとお父様が亡くなられた後、手入れが出来なくなり、ご本人はお勤めが忙しいので、とのことでした。何でも25日に調査に来られるので田んぼの様相をしとかないといけなくて....とお困りのようでした
 行って見るとイノシシが出没しているらしく穴だらけ。それに草丈2メ−トル以上はあるかと思える、セイダカ泡立ち草、茅、ヨモギ等の雑草が隙間なく生い茂っていて、その上をカズラが這い回っています。その上、川縁から竹が伸びてきていて竹林となっているところもありました。
 それを見て、俄然やる気が湧いてきて、挑戦モ−ドです。もう死にものぐるいでやり遂げました。大変疲れました。
 一つ思った事は「こんなに荒れてしまってはもう二度と米は作れない。米どころか何も作れない。もとの田んぼにするには何年かかるだろう」ということでした。
 昨今、食の安全性、自給率の低さが問題になっていますね。他国から食料を輸入しなくていいように国内で生産するのが一番いいのでしょうけど簡単にはいかないみたいですね。
 減反をしないで家畜の飼料用の作物を作っている地域がある、と新聞で読み、いい考えだと思いました。
 私論ですが、減反の田に、小麦粉の代用品としての米粉用の米を栽培したらいいのに、と思います。第一に安全ですものね。
 
 
 

冬野菜をつくるために

  • 2008/09/02(火) 23:45:13

冬に美味しい白菜、大根などを蒔く時期になりました。
近所の方から「年をとってきつくなったので畑を耕して欲しい」とのことで早速主人がトラクタ−で耕しました。とても喜ばれました。

「旬」のものっていいですね

  • 2008/09/01(月) 23:01:20

 仕事とは関係のないような話ですが・・
NHKの「 スタジオパ−ク」で料理研究家の土井さんがおっしゃっていたことが印象的でした。(言葉通りには表現出来ませんが)
 Q「家庭料理の魅力は何ですか?」
 A「料亭の料理は値段の高いハシリの食材を使って、より手を入れて味を深め、より美しく仕上げる事で魅力が出ますが、家庭料理は値段の安い、旬の食材を使って、手を余り入れず、より素材の味を生かし味わうことが魅力です。」
 私はほっとしました。毎日の食事作りに頭を悩ます私ですが「ああ、この基本を守れば簡単だ」と思いました。
 それで、今日は新鮮な生姜と煮たカラスカレイにその煮汁で炊いた茄子を添えたのと、採れ立てのオクラとキュウリと生姜を薄切りにし横にお味噌を添えたのと、後は常備菜でした。野菜は勿論自家製です。
 我が家今の旬は茄子。山ほど採れるので友達にお分けしたあとは、茄子カレ−、なすのシチュ−、茄子の味噌炒め、マ−ボ茄子、もう考えただけで楽しくなります。茄子がこんなに美味しいものだったとあらためて気づかされているこのごろです。